酒津のホタルを親しむ会 ホタル復活プロジェクト

酒津から瀬戸内海までゲンジボタルを飛ばしてやるぞ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
ヘイケボタル救出プロジェクト
2016年5月18日 20:00〜
酒津配水池

当日朝から昼すぎまで南部用水の土木委員さんたちが護岸の草刈りなどの川清掃を行ないました。
15日の水生生物観察会の画像と比べると違いが分かりますね。
 

農業用水の役割は治水と利水ですから川清掃は当たり前の作業ですが、ホタルにとっては生息場所の減少で過酷な環境という事になります。さらに日中は草木の中で休むホタルは草木ごと集められ焼却処分されてしまいます。

集められた護岸の草木とゴミ

そこで焼却処分される前に集められた草木の中から夜間にホタルを取り出し、採卵後幼虫を飼育し、再放流を行なうのがヘイケボタル救出プロジェクトです。18日夜、街灯の明かりなどを遮断してホタルの光を頼りに9名の会員でヘイケボタルを取り出しました。
 

取り出したホタルは産卵ケースの中ですぐに産卵を開始します。

黄色の粒は卵

今年救出した38匹のホタルのうち8割がメスでしたから1000匹弱の幼虫が確保出来ると思います。
秋まで飼育して、蔵おこし湧々の皆さんと美観地区の倉敷川周辺に放流する予定です。
| - | 03:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
第8回酒津の水生生物観察会
2016年5月15日(日) 13:00〜15:00
酒津配水池 南部用水 
参加者 210名


好天に恵まれ今年も無事開催する事が出来ました。
講師はおなじみの岡山県立烏城高等学校の田賀辰也教頭先生です。

今回は南部用水に架かる曙橋の工事のため春先から長時間に渡る水止があり、残念ながら観察された魚の数は例年になく少ない様でした。それでも集まった子供たちは水生昆虫などを熱心に観察してくれたようです。


用水へのアプローチは東建設の東久史君考案。両サイドに会員が付いてホローします。


倉敷市内で安全に遊べ相当数の生き物が観察出来る自然の川はありません。その点管理された農業用水なら急な増水などの心配が無いので時代に合った川遊びが可能です。中でも南部用水の酒津地区は生き物の宝庫です。
 

田賀先生の講評を最後までしっかり聞いてくれた子供たち。

パネルを持つのは荒木竜二副会長です。


 
| - | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
実験上陸装置
4月4日
ホタル幼虫上陸装置いろいろ

プラブネは土違い。

手前から反時計回りに
土100
土50:腐葉土50
土50:花の土50
土50:ピートモス50

衣装ケースは隙間有りと強制生き埋め組。


最後は飼育場内の水路。


350匹の幼虫から5割弱、150匹を確保して親ボタルとして採卵に充てる予定です。
| - | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
学生さんが飼育場見学
児島湖流域フォーラムでおめにかかった岡大の環境学研究科の中嶋佳貴助教と学生さん5名が飼育場見学に来られました。
岡大では大学構内にホタルのビオトープを建設中だとの事。


飼育場の次は配水池のビオトープを案内しました

ホタルの会からは荒木竜二市議、小郷さん、岡大OBの大賀さん、武内。

意欲のある若者と語る事が出来、気持ちの良い一日でした。
| - | 03:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
酒津配水池に幼虫放流
酒津配水池と八ヵ郷用水、西岸用水にゲンジボタルの幼虫を放流しました。

3月12日 飼育ケース300個を100個にまとめる作業です。


13日 放流
 
10ヶ月間手塩にかけて育てたゲンジボタルの終零幼虫5000匹です。
今回は飼育から放流まで思い通りにやり遂げた手応えがあり、4月の上陸期と6月の羽化期に例年並みの降雨量が有れば数千匹の乱舞になると確信しています。公園緑地課と耕地水路課からも満足いくサポートをいただいています。
休日に船を出していただいた東西用水組合の今井さん、坪井さん、ピンチに駆けつけてくれた西酒津町内会長の平松さん、ありがとうございました。

6月が待ち遠しい。期待に応えたいと思います。
| - | 06:48 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
第9回ローカルサミットIN倉敷・おかやま
2016年3月12日
第9回ローカルサミットIN倉敷・おかやま 

今大会の実行委員長を務める梶谷俊介さんに誘われて、大原美術館本館二階で行なわれたキックオフミーティングに参加しました。
三宅商店の辻信行さんとも連携して酒津の魅力発信のお手伝いをさせて頂きます。本番は11月です。
| - | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
第13回岡山ホタルフォーラム
2016年3月5日(土)10:00〜12:30 
岡山オルガホール

第13回岡山ホタルフォーラミに参加しました。参加メンバーは酒津から武野隆さん、守屋紳一さん、山下多美さん、武内立爾。蔵おこし湧々から大賀さん、小郷さん、柳田さんの7名です。


基調講演は兵庫県立人と自然の博物館 八木剛氏


団体報告の後、岡山自然を守る会さんの案内でイオン岡山に隣接する旧林原跡地の農業用水を視察。

倉敷みらい公園内の倉敷用水と非常に似た環境の都市中心部のエアポケットの様な水路でした。
聞くところによると農業土木委員からも放置されている夢の様な人工の用水路だとか。
都市型の水辺に親しむ水路としてはナチュラルではないゴミが多い様に思われましたが、周辺の光量の調整さえ整えばポテンシャルの高い水路だと思いました。

帰宅後、武野隆さんに野菜をいただき、改築中の旧原田武一邸を訪ねました。
オーナーの辻さんから改装後の青写真をうかがいました。消失直前だった酒津の古き良き財産に価値を見いだし、多額の費用をかけてまでも保存に力を注いでいただける熱い熱い地域愛に一同感謝と共に感動。

3月のオープン後は、酒津の新スポットとして圧倒的な輝きを放つことでしょう。





 
| - | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
島根県忌部町から視察団来訪
2016年2月27日
島根県忌部町から20名の方々がホタル復活活動の視察にお見えになりました。島根県の環境政策課の方も一緒です。
  
午前は酒津と無為村荘の飼育場を案内し、公民館で懇親会。

県外からの視察団は初めてでしたが楽しんで頂けたでしょうか。
我々も酒津を再確認することが出来、いい集まりでした。

後日宍道湖特産 ヤマトシジミをいただきました。
ホタルの会の花見の時に味あわせていただきます。
ありがとうございました。
| - | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
酒津の明日を語る会
2016年1月31日 ホタルの会主催 酒津の明日を語る会
地方行政、県教育委員会の長、学校長、荒木竜二市議、地域の団体、まちづくりに取り組む事業者の他、東酒津を発信して頂ける方にも声かけして42名の盛会でした。
 
2年間町内会長を経験して、子供との関わり方など含めた地域の有り様を、大きなスパンで考える集まりの必要性を痛感しました。

 
| - | 07:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
阿智神社 故石村宮司を偲ぶ会
2016年1月21日
阿智神社 故石村宮司を偲ぶ会

先代からのお付き合いでしたがそれ以上に蔵おこし湧々の代表として、末社の青江神社の宮司として親しくさせていただきました。
明るく前向きな方でした。
| - | 07:47 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/53PAGES
  • >>