酒津のホタルを親しむ会 ホタル復活プロジェクト

酒津から瀬戸内海までゲンジボタルを飛ばしてやるぞ
<< 実験上陸装置 | TOP | ヘイケボタル救出プロジェクト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
第8回酒津の水生生物観察会
2016年5月15日(日) 13:00〜15:00
酒津配水池 南部用水 
参加者 210名


好天に恵まれ今年も無事開催する事が出来ました。
講師はおなじみの岡山県立烏城高等学校の田賀辰也教頭先生です。

今回は南部用水に架かる曙橋の工事のため春先から長時間に渡る水止があり、残念ながら観察された魚の数は例年になく少ない様でした。それでも集まった子供たちは水生昆虫などを熱心に観察してくれたようです。


用水へのアプローチは東建設の東久史君考案。両サイドに会員が付いてホローします。


倉敷市内で安全に遊べ相当数の生き物が観察出来る自然の川はありません。その点管理された農業用水なら急な増水などの心配が無いので時代に合った川遊びが可能です。中でも南部用水の酒津地区は生き物の宝庫です。
 

田賀先生の講評を最後までしっかり聞いてくれた子供たち。

パネルを持つのは荒木竜二副会長です。


 
| - | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
スポンサーサイト
| - | 21:11 | - | - | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sakadu-hotaru.jugem.jp/trackback/583
トラックバック