酒津のホタルを親しむ会 ホタル復活プロジェクト

酒津から瀬戸内海までゲンジボタルを飛ばしてやるぞ
<< 第8回酒津の水生生物観察会 | TOP |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
ヘイケボタル救出プロジェクト
2016年5月18日 20:00〜
酒津配水池

当日朝から昼すぎまで南部用水の土木委員さんたちが護岸の草刈りなどの川清掃を行ないました。
15日の水生生物観察会の画像と比べると違いが分かりますね。
 

農業用水の役割は治水と利水ですから川清掃は当たり前の作業ですが、ホタルにとっては生息場所の減少で過酷な環境という事になります。さらに日中は草木の中で休むホタルは草木ごと集められ焼却処分されてしまいます。

集められた護岸の草木とゴミ

そこで焼却処分される前に集められた草木の中から夜間にホタルを取り出し、採卵後幼虫を飼育し、再放流を行なうのがヘイケボタル救出プロジェクトです。18日夜、街灯の明かりなどを遮断してホタルの光を頼りに9名の会員でヘイケボタルを取り出しました。
 

取り出したホタルは産卵ケースの中ですぐに産卵を開始します。

黄色の粒は卵

今年救出した38匹のホタルのうち8割がメスでしたから1000匹弱の幼虫が確保出来ると思います。
秋まで飼育して、蔵おこし湧々の皆さんと美観地区の倉敷川周辺に放流する予定です。
| - | 03:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
スポンサーサイト
| - | 03:10 | - | - | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sakadu-hotaru.jugem.jp/trackback/584
トラックバック